ITベンダー技術者の独り言

地域金融機関の統合が進みマーケットが縮小する中で、地域金融機関をお客様とするSIerと言われるITベンダーの統合や、マーケットからの撤退という話は聞こえてきません。
地域金融機関を中心に、システム開発も含めた各種サービスを提供し、「地域金融みらい会議2016」や「VCFネットワーク」の開催に取組んできた私たちにとって、地域金融機関の課題は、私たちの課題でもあります。今、地域金融機関で起きている課題に対し、システムで解決できることには限界があります。ITベンダーである私たちにとって、システムは、私たちが提供するサービスの一部でしかありません。
そんな私たちが、内部で話していることの一部を紹介します。

 
銀行と金融機能

極端なことを言えば、「世の中に銀行はいらないが金融機能は必要」という社会はくるのでしょうか?
金融機能そのものはなくならない前提にたって、銀行が無くなったらどうなるのでしょうか?
他業種の業務領域の拡大、フィンテックベンチャーの進出等で、金融機能の一部は既に銀行がなくても成り立つようになってきている。この流れは今後も続くのではないかと思います。
フィンテックによって、金融業務が大きく変わるイノベーションが起き始めています。一方で、金融領域でのイノベーションは、今まではおきてこなかったのでしょうか?おそらく、そんなことはないでしょう、今までも銀行はイノベーションを起こしてきました。フィンテックベンチャーは、銀行の「競合=敵」にも、「協業=味方」にもなる存在です。フィンテックによって確実い訪れる変化に対し、どのように考え、対応していくかが重要です。そこで私たちが担える役割は非常に大きいと感じています。

 

銀行の機能、統合
銀行は全業種に対して機能し続けることができるでしょうか?
リース業界は、建設機器やITだけでなく、医療・介護等に特化した企業が出てきています。銀行も業態特化して専門領域を狭めていくことで、情報の質の高度化や専門人材の育成を促進することがやり易くなってきています。
新たに銀行業に参入するところであれば、十分に可能性はあるのではないでしょうか。既存の銀行であっても、その特性や地域性によって、もっと特色を出していく戦略があってもいいはずです。
スルガ銀行のようにリテールに特化していくというビジネスモデルの転換を成し遂げた例があります。スルガ銀行とはまた違ったビジネスモデルに転換する銀行が出てきても、全然おかしくなないはずです。

 

地域銀行の統合は今後も進んでいくことが想定されますが、コアコンピタンスがはっきりしないと、強みを生かした統合、合併とはならず、所詮は地域合併という形に着地してしまう可能性があります。地域銀行は地域に特化してるといいますが、今や「地域」の定義が崩れてきています。であれば、新たな統合のパターンが出てきてもいいのではないでしょうか。遠隔地の地銀であっても、農業関係に強い地銀同士が統合し、情報の質を上げていくことで他行との差別化をは
かっていく。。。というような戦略も考えられると思います。
幸運なことに、私たちは電通グループに所属し、強い関係にあります。最近は、電通グループのいろいろな特色を持った会社と、一緒に銀行の仕事をする機会が増えてきています。私たちは、電通グループも巻きこんで、銀行のビジネスモデルの変換を後押しできるような存在になっていきたいと感じています。

 

銀行はどこまでいっても情報産業
銀行は、元々、情報の量と質で勝負してきました、まさに情報産業です。銀行は、金利ビジネスをしてるから情報が取れてきました、逆に情報があるから金利ビジネスができたのだと思います。

銀行は、お金を貸しているから情報をもらうことができましたが、言い換えると借りてくれなくなったら情報は取れなくなることになります。銀行が必要とするデータの種類が変わってきています。たとえば財務だけじゃないデータをいかに蓄積しているかが重要になってきます。

 

もはや、銀行は、唯一の存在ではありません。他の業態からの企業、フィンテックベンチャー企業が、金融業界に進出してきて、銀行が持っていない、直接収集できない情報を、どんどん集め始めています。銀行がリスクを取っていくためには、いかに質の高いデータを持っているかが重要です。これからはデータの量だけではなく、質の勝負にもなってくるでしょう。
AI時代になり、定性情報が定量化される時代になってきています。AIが普及すると、全てのシステムが同じレベルではなく、銀行のAIにも優劣が出てきます。データの質で、AIの成長度合いや結果としての精度が変わってくるでしょう。

 

現在ではどの銀行にもCRMシステムが導入されていますが、これからも従来型のCRMシステムでよいといえるでしょうか?
従来型のCRMシステムでは限界がきているのではないでしょうか?

私たちが蓄積してきたソリューションのビジネスチャンスが、今、まさにそこにあります。

 

銀行と顧客の関係

患者は医者に自分の症状を正確に伝えようとしますが、顧客は銀行に嘘の情報を伝えることがあるのはなぜでしょう。
企業は、銀行に真実を伝えると、融資を引き上げられてしまうリスクがあると思ってしまいます。銀行と顧客の風通しは、今、すごく悪い。いつからこのような関係になってしまったのでしょう?良いときも悪いときも、自分事として付合ってくれる銀行だったら信頼してもらえるはずです。取引のシングルバンク化はその銀行を信頼していることが前提です。それが今はできなくて複数行と取引しているかもしれません。
例えば、減点方式で金利を上げていくのが1つの問題です。加点法で金利を下げていく方式にしていくことはできないでしょうか。銀行では、貸し倒れは悪だと捉えられています。デフォルトを出した支店長はマイナス評価されるのが銀行の文化です。

銀行と顧客の間に信頼関係がなければ、顧客の情報が銀行に入ってきません。情報産業である銀行にとって、それは致命的なことです。

 

私たちの原点であるバリューチェーンファイナンスを推進し、銀行と顧客の関係を変えていく役割を担っていきたい。
<バリューチェーンファイナンスとは、この企業の価値が形作られるつながりに、金融機関が顧客である企業経営者と同じ視点に立って主体的関与していくという金融手法のことを表します。>
「ITベンダーが何を言っているんだ。。。」という意見もあるかと思いますが、私たちも、銀行の未来を背負っているステークホルダーの一人として、銀行の皆さんと対話をしていきたいと考えています。「ちょっと変わった人たちがいっぱいいるね」「変な会社だね」「他のITベンダーとはちょっと違うね」そんな褒め言葉を、多くの銀行の方々からかけてもらえるような存在になっていければと思います。

 
株式会社電通国際情報サービス

VCFエバンジェリストの仲間のひとり

中川雅昭