書評「ティール組織」〜働くすべての人に出会って欲しい本

「ティール組織–マネジメントの常識を覆す次世代組織の出現」英治出版(2018/1/24)

フレデリック・ラルー(著) 鈴木 立哉(訳)  嘉村 賢州(解説)

 

本書は、「働き方」や「組織のマネジメント」に関心がある人はもちろん、「働くすべての人」に出会って欲しい本だ。

特に、「働き方改革」で思い悩む行政や企業の人、存在理由を探求している経営者、社会に強い影響を持ちながらも官僚的になりがちな行政や金融機関・学校・病院・大企業で働く人、そして「どうせうちの組織は変わらない」と諦めてしまっている人にも。

 

著者、フレデリック・ラルーが本書で提唱する、「ティール組織」とは複雑で予測不可能な時代に生きている私たちが、未来を創作するものとしての人間性を取り戻すための新たな組織モデルとして提言されているものである。

ラルーは「ほとんどの仕事は、情熱を向けるものでも人生の目的でもなく、恐ろしく退屈なものになった」と嘆く。そして時代と不適合となった「アメとムチ」で人をコントロールしようとする「達成型組織」が「仕事と人間の分断」を引き起こしてしまったことを警告する。

 

そこで「ティール組織」とは、人間性にあふれる進化した未来を一人ひとりが自ら描いていくためのモデルとして提示される。それに向かっていく発達過程の中で、人々が人間性を取り戻すための新しい協働のあり方である。

 

「ティール型組織」とは、進化する生き物のように多様に立ち現れるものなので、それ自体を定義づけることはできない。しかし、そのような多様性の中にも共通の特徴がある。

 

・階層やコンセンサスに頼ることなく、同僚との関係性の中でシステムが動いている(自主経営)

・誰もが本来の自分で職場に来ることができ、同僚・組織・社会との一体感を持てるような風土や慣行がある(全体性)

・組織自体が何のために存在し、将来どの方向に向かうのかを常に追求し続ける姿勢を持つ(存在目的)

 

具体的には、「上下関係も、売上目標も、予算もない」という、にわかに信じられないような組織運営の事例が本書では多く紹介されている。しかも、紹介されるどの組織においても(それ自体は、手段であり目的ではないが)卓越した財務的な成果をあげているのだ。私たちはそのような組織が例外的にあったとしても、小規模のところや、特定の業種に限定されているに違いないと考えてしまう。しかし本書で紹介されている組織には、従業員4万人の電力会社や、病院や学校も含まれている。

 

なかでも、本書で最もページを割いて紹介されている、オランダのビュートゾルフという非営利組織の事例は本書のハイライトのひとつである。地域密着型の在宅ケアサービスを提供するこの組織は2006年に10人で設立され、圧倒的な顧客からの支持を得て2013年には、オランダ地域看護師の2/3をしめる規模にまで成長し、オランダのヘルスケア産業を塗り替えてしまう。7000人の看護師を支える本部はたった30人のスタッフしか存在せず、管理職やチームリーダーが一人もいない中でチームごとに分散された自主経営がされている。生物が増殖していくかのように成長していったその過程にはどんなことがあったかについては、是非本書を読んで味わってほしい。

 

読後に、私たちが向き合うことになるのは、「ティール組織」を自分たちの組織にどのように適用していくかという問いである。

例えば、私は銀行などの金融機関を相手とするコンサルタントをしているが、その組織が抱えている問題は深刻だ。日本の金融業界は、監督官庁である金融庁をトップに、監督管理される銀行がぶら下がり、銀行内の組織では本部と支店そして現場の職員にいたるまでの美しいヒエラルキー構造が存在している。その長いチェーンのどの部分を取っても、フラクタル構造の様に同じ形をして権力とKPI(業績管理指標)によって管理される構造が観察される。いわば、本書で紹介されている典型的「達成型組織」である。そして、リーマンショックを境に金融業界のビジネスモデルは、本来の金融仲介の機能不全を起こし、社会での存在価値を失いかけている。

 

みなさんが所属している組織が抱える問題も似たようなものかもしれない。

その突破口として、私たちが取り組むことは、ベストプラックティスを探すことでも、ビュートゾルフを真似ることでもないことは本書をじっくりと読み込めば理解できるであろう。著者が繰り返し述べていることは、組織への存在目的への問いである。

 

著者はドラッカーの言葉を引用して何度も強調する。

「未来を予測する最善の方法は、それをつくることである」

この本がそんな私たちの行動の背中を押してくれるかもしれない。

 

 

(本コラムは図書新聞 2018年03月17日号に江上広行が寄稿した書評を許可を得て転載しているものです)