スルガ銀行ANA支店 Financial Center イベント「マインドフルネスと企業経営」

持続的に優れた業績を上げる卓越した経営者や組織の人たちの頭のなかでは、何が起きているだろうか?
トップダウンの中央集権的マネジメントやPDCAのような経営管理手法は、なぜ限界を迎えているのだろうか?
これからの時代、マインドフルネスを生かした企業経営は、どのように実践されていくのだろうか?
本イベントでは、これからの企業経営のキーワードとなるであろう「マインドフルネス」、「ソーシャル・イノベーション」、「脳科学」などをキーワードに、未来の経営のありかたを探索する対話を繰り広げていきます。

 

申し込みページ

 

講師紹介

 

大室 悦賀 (おおむろ のぶよし)
京都産業大学経営学部教授/京都市ソーシャルイノベーション研究所所長
1961年東京都府中市生まれ。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程満期退学。1985年東京都府中市入職。2007年京都産業大学経営学部専任講師、同准教授を経て、2015年から現職。共著に、『ソーシャルビジネス 地域の課題をビジネスで解決する』(中央経済社/2011年)、『ソーシャル・イノベーションの創出と普及』(NTT出版/2013年)、『サステイナブル・カンパニー入門: ビジネスと社会的課題をつなぐ企業・地域』 (学芸出版社/2016年)がある。
三木 康司(みき こうじ)
株式会社enmono 代表取締役/ 禅イノベーター
富士通株式会社を経て、慶應義塾大学院後期博士課程単位取得退学し、三重大学非常勤講師、神戸大学大学院非常勤講師を歴任。前職である株式会社エヌシーネットワークではIT担当役員を務め、全国16,000社のWebサイトの基本設計、構築、運用に従事する。 2009年にenmono社を設立。多くの町工場を支援し、数々の町工場の自社製開発を支援。「マイクロモノづくり」の提唱者。また自身のリストラを契機に禅を開始。世界のマインドフルネス潮流に、鎌倉から世界に禅を発信する国際カンファレンス「Zen2.0」を企画する。
江上 広行 (えがみ ひろゆき) コーディネーター
中小企業診断士/ITCA認定ITコーディネーター/グロービス経営大学院客員准教授/おかげさまお互いさま合同会社 執行社員
1989年地方銀行に入行し営業経験を経たのち、融資部門にて信用調査・研修講師・業務設計・CRMシステムの開発などに従事。2007年より、株式会社電通国際情報サービスにて、主に地域金融機関向けサービスの企画、組織改革、業務改革のコンサルティングなどを行なう。著書 に、『バリューチェーンファイナンス』(金融財政事情研究会/2013年)、『対話する銀行』(金融財政事情研究会/2017年6月予定)がある。

■開催概要

◆開催日時

2017/07/14

◆会場

スルガ銀行ANA支店

◆参加費用

東京都中央区日本橋室町1-7-1 スルガビル2F

◆定員

定員60名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。