金融マルチステークホルダーダイアログ

ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が立ち上げているグローバル規模のインターネットで受講できる公開オンライン講座(eDX)で2016年4月から

Just Money: Banking as if Society Mattered (公正なお金: 社会を考慮した銀行業)

というコースがたちあがります。(もちろん英語です^^)

内容としてはバリューチェーンファイナンス(VCF)とは相当親和性が高いのではないかと推察しています。

 

【コースの概要】

 

期間:2016年4月19日開始~5週間

 

講師:カトリン・ カウファー

マサチューセッツ工科大学都市研究計画学部コミュニティ・イノベーターズ・ラボ(CoLab)研究フェロー。

内容:カトリン カウファーと彼女のチームが提供する、銀行とお金についてU理論の視点から捉えることをテーマとした講座

 

参加費:無料(修了証がほしい場合はedX費用が発生するみたいです)

 

参加資格: ファイナンスの知識が無くても誰でもOK

 

講師のカトリンが共著した「出現する未来から導く」は、U理論をベースとした金融を含む、社会変革をテーマにした良書です。

2015年に出版され、僕もブログで書評を書いています

 「銀行4.0」とは~「出現する未来から導く」の書評とともに

 

【金融マルチステークホルダーダイアログのご案内】

 

さて、ここからみなさんにご案内です

 

この講座では各国での自主的なコミュニティとしてHUBのたちあげが推奨されており、

僕の友人である”ぽてこ”こと川島 陽子さんと協力して

日本でも「金融マルチステークホルダーダイアログ(金融MSD)」というHUBを立ち上げます。

「マルチステークホルダー」という名前には、銀行などの金融の領域を超えていろんな立場の人たちと対話を深めたいという意図が含まれています。

 

いまのところ、想定している活動は

・対話のためのfacebookグループの立ち上げ(済)

・世界の講座参加者への日本からの情報発信

・講座内容の翻訳と共有(ざっくりとですが)

・ライブセッションへの共同参加(以下の日程で予定されています)

April 27 from 15:00-16:00 UTC(日本時間 4/28 0:00-1:00)

May 18 from 15:00-16:00 UTC(日本時間 5/19 0:00-1:00)

 

などを考えています。

盛り上がってくれば、オフ会なども計画します。

日本からも発信し、直接世界のコミュニティと繋がりたいかたは是非!

 

関心があるかたはこちらまで

g-finmarketing@group.isid.co.jp

■開催概要

◆開催日時

2016/04/19

◆会場

未定

◆参加費用

無料

◆定員